遺伝子検査「IDENSIL」始めました!

Private BodyMake Gym Linkageの生井 隆之です。

 

2020年1月27日より

遺伝子検査キット「IDENSIL」の利用をスタートしました!

 

と言っても、実は以前から試験的に導入はしていたのですが。

当ジムの会員様10名程の方にご利用いただいております。

 

結果が送付されるまで3週間ほどお待ちいただくのですが、どんな検査結果が送られてくるのか?自分がどういう体質なのか?皆さんドキドキしながら待たれているようで、届いた結果に対し喜ばれたり嘆かれたりしています(笑)

 

僕自身もIDENSIL導入にあたり検査を受けたのですがやっぱり!と思うところや以外なところ、ビックリする所があり、自分の生まれ持った体質を知る良い機会になったと思っています。


IDENSILでは

  1. 脳・疲労・ストレス(の感じやすさ)
  2. 睡眠の質とリズム
  3. 体脂肪(太りやすさ)
  4. 血糖レベル(血糖値の上がりやすさ)
  5. 骨格筋(筋肉の付きやすさ)
  6. 骨・軟骨・関節(関節傷害のリスク)
  7. 血管・血圧(血圧の上がりやすさ)
  8. 血中コレステロールレベル(コレステロール値の上がりやすさ)

といった内容を、遺伝子と生活習慣の両面から分析いたいます。(生活習慣についてはアンケートを記載していただきます)

 

※IDENSILには「Athlete」「Healthcare」「Shape&Beauty」があります。特にご希望がない場合、当ジムでは「Healthcare」を推奨しております。


懸垂をしているこの写真は僕です。

骨格筋の項目で調べる「ACTN3」では、遅筋優位タイプとなっていました。

簡単に言ってしまうとボディラインを形成する、外側の筋肉が付きにくいということです。

 

このような結果が出ると「筋トレしても筋肉は付かないのかな?」って思ってしまうかもしれませんが、決してそのような事はありません。

 

例えば日本を代表するようなトップアスリートでは、遺伝的体質(生まれ持ったセンス)は大変重要な要素ですし、ボディビルの大会で上位を狙うといったことであれば苦労することになるかもしれません。

ですが自分の可能性の範囲内であれば、体質(遺伝子)に抗うことは十分に可能です。体質が全てではありません。

 

僕自身も、お客様のニーズが最も多い「ゴリゴリは目指していないけど姿勢が良く引き締まった身体になりたい」といったニーズを反映する身体作りを目指し実践していますので、現在の筋肉量で十分満足しています。

 

それと遺伝的にインスリンの分泌にリスクがあり「糖尿病」になりやすい体質となっておりました。

驚いたことに、実は両親共に糖尿病です。まさに遺伝・・

 

でも大丈夫!継続的に運動をし、日常的に糖質の摂り過ぎに注意する食生活を行っている僕は糖尿病とは今のところ無縁です。父から食後の血糖値を計る検査をしてもらいましたが、実験的に白米を茶碗3杯食べて1時間後に計った血糖値が「120」。そしてその値を超えることはありませんでした。

ただ、体質的にはリスクが有るようですので今後も十分に注意していきたいと思っています。

 

遺伝子検査は、先天的な自分の体質を知ったうえで自分を見つめ、「どう生かすか」「どう抗うか」「どう予防するか」を知る術となります。


料金はカウンセリングも含め、税込3万円となっております。

検査方法は簡単。キットに含まれている「綿棒」で頬の内側の粘膜部分を擦り、添付の封筒に入れて送るだけ。

送付後3~4週間後には結果が送られてきます。

 

金額的に決して安いものでは有りませんが(数年前と比べると半額以下にはなったようですが)、アレルギー等の検査と違って遺伝子は、生涯変わることはありません。

 

また、遺伝子検査は「精度」と「根拠となるエビデンス」も重要です。

「IDENSIL」は検査や監修を全て日本で行っており、日本人に合った遺伝子検査です。海外のものは日本人にマッチしないようなものもあるようですし、取り扱う遺伝子の項目の多い検査キットも精度が不安定なようです。

カウンセリングもセットとなります。(業務用となりますので、個人で検査を行う事は出来ません)

検査だけを行う遺伝子キットでは「生かし方が良く分からない、結局私はどうしたら良いの?」と言った声も多く見受けられます。

 

検査キットとしては割高ではありますが、日本人にマッチした、精度が高くカウンセリングまで付いた「IDENSIL」。

ご興味の有る方はぜひご検討ください。

 

※遺伝子検査のみの取り扱いは行っていません。パーソナルトレーニングを受けていただく必要があります。